プルマンバンコク・ホテルG宿泊記〜ラウンジがいいね! 〜

こんにちは、ばんばんです。

バンコク在住のばんばんですが、市内のホテルに泊まりに行くのも大好きです。ここ最近このホテルに2回泊まりに行く機会がありましたので、合わせてレポートします。

プルマンのロケーション

 

ホテルはビジネスの中心地であるシーロム通りのちょうど真ん中ぐらいに位置しています。BTSの最寄駅はチョンノンシーで、徒歩5分程度です。賑わっているサラデーン駅までは徒歩10分ぐらいといったところです。

すぐ近くに真新しいビルができている一方、空地っぽいところも見られ再開発を始めているような感じです。

 

プルマンのロビーとプール

 

高層ビル型のホテルに多いタイプですが、決してゆったりしたロビーではありません。ただ、2階まで吹き抜けになっていますので、開放感があるのはいいですね。

ロビーにはちょっと変わったオブジェやブランコがあったり、登れない階段がデザインされている等々スタイリッシュな雰囲気を醸し出しています。

ホテルマンの制服もゆるーい感じで、白いTシャツに黒いズボンですので、最初は、TAXIの客引きがドアを開けてくれたのかと驚きました(笑)。

 

プールとフィットネスは5階にあります。エレベーターを降りると陸上競技のトラックのような絵が下に描かれており、思わず競争してプールへ!

プールの第一印象、小さい・・・。10 x 6mぐらいなのですが、半分は水上デッキチェアが置いてあるので、泳げるところはごくわずか。また、プールの半分は屋根が付いており、ちょっと寒かったです。

周りにはデッキチェアが15脚程度と、すぐ横にバーがあります。せっかく南国に遊びに来る方々のために、もう少しプールを充実させて欲しいと感じます。

あっ!真っ正面にバンコクNo1の高層ビルマハナコンタワーがバッチリ見えますので、ここはポイント高いですね。

プルマンのお部屋

 

いつものように最安の部屋を予約していましたが、プラチナ特典で二回とも高層階の部屋にアップグレードしていただきました。広さは32平米と、普通に広いです。

特筆すべきは窓からの眺望で、全面窓を通してバンコク中心部が手に取るように見下ろせます。前回(34F)はチャオプラヤ川やICON SIAM、今回(35F)はマハナコンタワー側でした。

 

バスタブも広くて合格。難点は、エアコンの調節がとても難しかったことかな。

そうそう、プラチナ特典でいただいたチョコレートがとても美味しかったです。購入して帰りたいと思ったほどです。

プルマンのラウンジ

 

Executiveラウンジは27階です。

両側に大きめの部屋が二つあり、挟まれたスペースでフードプレゼンテーションとなっています。受付側にも小さめの部屋があり、チェクインの際は毎回そこに通されました。

17:30-19:30はカクテルタイム。お酒はスパークリング、ワイン、カクテル、ビールと次々とオーダーを聞きにきたり、おかわりを注いでくれたりします。

 

食べ物はとても美味しく、サーモンやマグロのマリネ、チキンとあえたサラダがナイス!チーズもこれでもか!というぐらい準備されていました。

3回行きましたが、毎回飲み過ぎ、食べ過ぎです・・・。

朝食もラウンジでいただくのがお勧め。

サラダ、チーズ、パン、ジュースのビュフェが並べられており、メインはメニューからのオーダーです。西洋風、エッグベネディクト、タイ風、ベトナムのフォー、おかゆ、パンケーキ、そして日本風から選べます。

特筆は日本風Japanese Set。かなり大きめのサーモン照り焼き定食。タイはスーパーで買ってもサーモンが高いので、毎日のように美味しくいただきました。

6月に行った際はカレーライスもメニューにありましたので、定期的に変更しているのですね。

夜のカクテルタイムと朝食を通じて、ここのラウンジのレベルの高さを感じました。

まとめ

バンコク市内のそこそこの高級ホテルとしては価格も安い一方で、朝・夜の食事が美味しいということで、めでたく「また行きたいねリスト」にランクイン。

通常のカテゴリーとExecutiveカテゴリーの価格差がそれほど大きくないので、少し上乗せして、カクテルアワーと朝定食、バンコクの眺望を楽しむのもお勧めです。

ただし、プール重視の方は他を探しましょう。

最新情報をチェックしよう!